*個人が特定できないよう加工した情報ですが、「これは自分かもしれない、公開はやめてほしい」という方がいらっしゃいましたら、こちらまでご連絡ください。すぐに対応させていただきます

*過去に別ブログに書き、それを転載した記事もございます

2015年8月8日土曜日

腰痛、もも裏の筋肉の痛み、ふくらはぎがつる

 ある方の施術例です。

①腰痛
②右もも裏の筋肉、正確には「右外側ハムストリングス(もも裏の筋肉の一種)の腱(筋肉が骨とくっつく部分で硬くなっている)」の痛み。左の同じところにもたまに出る。
③左右のふくらはぎがつるときがある

 という症状でいらっしゃいました。

 ちなみに肩こりもあったのですが、この①から③の症状は関連性が大きいため、今回は肩こりだけを分けて考えて、その記述は省略させていただきます。

 毎回、腰骨、骨盤、足全体への施術をしました。

(肩こりへの対処も含めて)施術時間は60分。

 最初の1ヶ月ぐらいは週に1回、以後は2週間に1回ぐらいのペースで施術を続け、3ヶ月半ぐらい経つと、①から③の症状はほぼ気にならなくなりました。

 最初、筋肉のはりが強く、施術の圧が少し強まるとすぐに筋肉が収縮(緊張)する、いわば「体がとても緊張した」状態でした。

 腰から足には神経が延びていますので、腰の悪さがその神経の働きを悪くして、筋肉の緊張、痛み、つりやすさといった影響を与えていたと思います。

 なるべく筋肉を収縮(緊張)させないように、ゆっくりと、軽い圧を用いて施術をしていきました。

 結果、足腰がだんだんとやわらかくなってきて、筋肉が収縮(緊張)しやすい状態も静まり、痛みなどの症状も鎮まってきました。