*個人が特定できないよう加工した情報ですが、「これは自分かもしれない、公開はやめてほしい」という方がいらっしゃいましたら、こちらまでご連絡ください。すぐに対応させていただきます

*過去に別ブログに書き、それを転載した記事もございます

2020年2月11日火曜日

腰痛、肩こり

 腰からお尻にかけて痛い、首から肩にかけてこる、という方の施術例です。


 ちなみに「腰痛」というと、背中の下が痛いという方と、お尻が痛いという方がいます。解剖学では一応、背中の下を「腰部」、お尻を「殿部」といいます。

 また「肩こり」というと、首がこるという方、肩甲骨の上がこるという方、肩甲骨の内側がこるという方がいます。これも解剖学では、肩甲骨の上は「下頚部」または「上部僧帽筋」、肩甲骨の内側は「肩甲間部」などといいます。また、背中の首に近いあたり全般は「上背部」などともいいます。

 一般的に「肩こり」といいますが、「肩こり」でこっている部分は解剖学的には「肩」ではありません。「肩」は腕の付け根の関節なのです。

 どうでもよい話なのですが(苦笑)、読み物として少し面白くなるかと思って書いてみました。


 さて施術例ですが、今の解剖学的定義ではこの方は、「腰から殿部にかけて痛い」「首から上部僧帽筋にかけてこる」と表現できる状況でした。

 初回は約60分コースで、首から腰まで背骨全体と、肩甲骨、肩関節、骨盤(お尻)、股関節を中心に施術させていただきました。

 約2週間後、腰痛も肩こりも軽くなったと、また来ていただきました。そして2回目も同じ施術をしました。

 その後、だいたい2週間に1度ぐらいの頻度で来ていただき、段々と軽くなっていったようです。

 そして初回から約3か月後、8回目にいらっしゃった時には、「毎日、わりと楽に過ごせるようになった」とおっしゃっていました。


 腰痛と肩こりがともにある方というのはよくいらっしゃるのですが、それゆえにあまり書いたことがないかもしれないと思い、比較的順調に良くなった人の例を書いてみた次第です。

2020年1月14日火曜日

腰の痛みと足のしびれ

 きっかけは特に思い当たらないけれど、2・3日前から腰の片側が痛く、そちら側の足全体にしびれがある、といらっしゃった方の施術例です。

 ちなみに詳しくおうかがいすると、1か月ぐらい前にも同様のことがあり、その時は自然に治ったそうです。


 初回は約30分コースをご希望で、主に腰と骨盤、股関節の施術をさせていただきました。ある程度施術部位をしぼり、そこに多くの時間をつかいました。

 翌日、2回目の施術に来ていただきました。

 そして、だいぶ良くなったとのことでした。

 2回目は約60分コースをご希望で、より広範囲に、腰から首まで背骨全体、足全体、肩周辺の施術をさせていただきました。

 そしてそれ以来お見えにならなかったのですが、約2か月後に、「重い物を持ったらまた腰が痛くなった」と再びいらっしゃいました。

 聞くと、最初の2回の施術の後、調子は良かったそうです。


 腰から足にかけて神経が通っているのですが、その経路のどこかに問題が生じると、しびれや神経痛などの症状が足にあらわれる場合があります。

 そしてオステオパシーでは、その経路に当たる部分の筋肉や関節をやわらげたり、他の部分をやわらげてその部分の負担を減らしたりして、そこが最大限うまく機能するように施術をします。

 そしてこの方も、その結果として、腰の痛みと足のしびれがともに良くなったのでしょう。

 ちなみに、きっかけが特になかったということなので、筋肉や関節、神経の働きなどが段々と悪くなってきていて、症状があらわれたのではないでしょうか。また、1か月前にも同じようなことが起き、自然に治ったのではないでしょうか。


 なお、しびれや神経痛などの神経の症状は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などが原因になっている場合も、そうでない場合もあるようです。

 その有無をこちらで診断することはできないので、病院に行って画像撮影をしてもらうのも良いと思います。

 ただし、その有無に関わらず、オステオパシーの施術は可能です。

 そもそもかたい部分をやわらげているだけで害はありませんし、痛い部分には触れない、ごく弱い力を用いた技術を使う、などの選択肢もあり、皆様それぞれの状態に合わせた施術をしていますので、安心してご来室ください。