*個人が特定できないよう加工した情報ですが、「これは自分かもしれない、公開はやめてほしい」という方がいらっしゃいましたら、こちらまでご連絡ください。すぐに対応させていただきます

*過去に別ブログに書き、それを転載した記事もございます

2019年5月2日木曜日

むち打ち症(追突事故後の首の痛み)

 何年か前に追突事故後に遭い、それ以来首が痛い、という方の施術例です。

 追突事故では、首が前後に「むちがしなる」ように動き、それで捻挫をしてしまうことがあります。そしてそんな首の捻挫の総称が、「むち打ち症」などと呼ばれています。


 初回は約60分コース。僕の経験上、むち打ち症の方は首だけでなく、背中の上部まで傷めているように思えます。ですから首から背中の上部にもっとも時間をつかいつつ、背骨全体、肩周辺、股関節周辺と、体の中心部分全体を施術させていただきました。

 2回目は約2週間後にご来室。特に変化は感じないとおっしゃっていました。しかし僕が触った感覚では、前回よりも筋肉や関節がやわらかいと思いました。同じく約60分コースで、同じ施術をしました。


 3回目も約2週間後で、同じく特に変化は感じないとおっしゃっていました。同じく約60分コースで、今回は腰などの時間を少し減らし、そのぶん頭の施術をしました。

 頭への施術はオステオパシー特有のものですが、首も含めて、全身の弛緩が期待できる技法です。


 さらに約2週間後の4回目にいらっしゃった時に、現時点で痛みはあまり強くないとおっしゃっていました。僕が触った感覚でも、全体的に段々と良い状態になっているように思えました。施術は、3回目と同じ部位をしました。

 その後、同じく約2週間おきに、5回目、6回目の施術をしました。

 そして7回目のご来室の時には、痛みがなくなった、とのことでした。


 追突事故で傷めた組織が治る過程で、周辺の組織が強張ってしまい、そのまま痛みが残る場合があるようです。そしてオステオパシーの施術により、段々とそれがやわらかくなり、それに伴って痛みも減ってきたのではないでしょうか。

2019年4月9日火曜日

足の”すね”が痛い

 足の”すね”の部分(前から外側にかけて)が痛い、といらっしゃった方の施術例です。

 すねの部分には、足首や足の指を曲げる筋肉が付着しています。ふくらはぎが痛いという人よりは珍しい印象ですが、もちろん痛くなる方もいらっしゃいます。 


 初回は約30分コースをご希望で、骨盤部から両足の先まで、主に下半身全体を施術しました。

 およそ1週間後に2回目の来室。すねの痛みはそんなに気にならなくなったようですが、その日はちょっと腰が気になる、とのことでした。そして約60分コースをご希望されたので、足腰全体を中心に、背中や首、肩周辺も施術させていただきました。

 3回目もおよそ1週間後で、約60分コース。この時は、腰はそんなに気にならないがまた”すね”が気になる、とのことでした。大体同じ部位をまた施術しましたが、時間配分を少し変えて、右足に多めの時間をつかいました。

 4回目もおよそ1週間後で、約60分コース。この時点で、”すね”の痛みはまた気にならなくなっていたそうです。

 以後、すね以外に気になるところがあって何度か施術をしましたが、すねの痛みはそれ以来現れていないようです。

 また、およそ週1回の施術を7回ほど繰り返した時点で、特に気になるところはなくなったとおっしゃっていただきました。

 全体的に段々と良い状態になっていったようで、よかったです。

2019年3月13日水曜日

呼吸困難

 数週間に1度ぐらいの間隔で定期的にいらっしゃっていただいている方が、先日の帰り際にこんなことをおっしゃっていました。

「○○の時にいつも息が苦しくなっていたんですけど、おかげさまで最近それがなくなってきました」

 どうも、特定の状況下において呼吸困難を起こしていたようなのです。

 もしかして、パニック発作、もしくはそれに近い状況だったのかもしれません。

 そして、どこまでがオステオパシーの「おかげさまで」かはわからないのですが、施術をすることで自律神経の働きが良くなって、そういった症状にも良い影響が出たのかもしれません。

 また、横隔膜やあばら骨をやわらげる施術をしていましたので、単純に「呼吸器の働きが良くなった」ため、そういった変化が見られた可能性もあります。

 とにかく、オステオパシーの施術では体全体の機能向上が期待できます。

 ですから筋肉や関節の問題以外でも、このようにお役に立てる場合がありますので、何らかの不調がある方は一度、お試しになってみてはいかがでしょうか。

2019年2月6日水曜日

片腕全体のしびれ

 数週間前から片腕全体がしびれる、といらっしゃった方の施術例です。

 なお、最初は指先だけだったのが、徐々に腕全体に広がってきたそうです。


 首から腕にかけて神経が走っているのですが、その経路のどこかに問題があると、しびれが出てくる場合があります。

 この方も、そのパターンなのかと思いました。

 ちなみに下半身では、腰から足にかけて神経が走っています。


 さて施術ですが、約30分コースで、首から背中の上部、あばら骨、そしてしびれている側の腕全体を主にさせていただきました。

 神経を刺激しないようにするためと、ご本人の希望もあり、とてもソフトなテクニックを使って施術をしました。

 予想していたのですが、やはり首や肩がとてもかたくなっていました。

 そしてそれらをやわらげ、各回1週間とあけずに3回ほど同じ施術を繰り返しました。

 3回目にいらっしゃった時には、だいぶよくなったとおっしゃっていました。


 オステオパシーには関節をポキっと鳴らすようなテクニックもありますが、今回用いたようなとてもソフトなテクニックもあります。

 そしてご本人の状況に合わせてそれらを使い分けますので、様々な方に対応可能なのです。

2019年1月8日火曜日

体のゆがみの予防と管理

 どかかが痛いわけでもないのですが、「体のゆがみ」が気になって不定期的にいらっしゃっている方もいます。今回はそんなお1人の施術例です。

 この方は最初、歩いている時に片足のつま先が外を向いてしまう、といらっしゃいました。

 この方の場合はそれが強くて気になるほどだったのですが、そうでなくても、例えば仰向けに寝た時に、片方のつま先がもう片方と比べると大きく外に開いている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 そしてそんな「体のゆがみ」の原因なのですが、実はこれは、「○○がゆがんでいる」と簡単には言えないものだと、僕は思っています。

 というのも、今回のこの方の場合は、その足の根元である骨盤・股関節の他、膝もねじれた状態になっていました。膝がねじれれば、つま先の向きも変わりますよね。

 また、足のねじれに合わせるように、腰骨(こしぼね)もねじれていました。

 このように、体というのはつながっていてお互いに影響しあっていますので、簡単にいうならば、「いろいろなところのゆがみが原因」だといえると思うのです。


 この方は、初回は約30分コースをご希望で、主に腰骨から足全体を施術させていただきました。

 気になっている側と反対の足も、全体的に施術しました。それも影響しているでしょうし、この方の場合は過去にそちらの足に怪我をしていて、その影響もあったと思います。

 そして、週に1~3回ぐらいで同様の施術を繰り返すと、体が整ってきて歩きやすくなるようです。

 その後、調子がよいとしばらくいらっしゃらない場合もありますが、調子が悪くなってくるとまたいらっしゃって、しばらく頻繁に来ていただきます。

 また、時々は約60分コースで、足腰だけでなくより広範囲にさせていただくこともあります。

 体は日々変化していますし、体がゆがんでいる方というのは悪い癖がついているものですが、こうやって施術を繰り返すことで結果的に、ある程度良い状態(ゆがみの少ない状態)を保てていると思います。

 また、ゆがみを整えることで、筋肉などの軟組織もやわらぎ、バランスよく効率的に動けるようになるので、体も楽になるはずです。

 ゆがみへの対処というのは、やはりオステオパシーなどの手技療法がベストの選択ではないでしょうか(+日々の姿勢改善+体操や運動)。