*個人が特定できないよう加工した情報ですが、「これは自分かもしれない、公開はやめてほしい」という方がいらっしゃいましたら、こちらまでご連絡ください。すぐに対応させていただきます

*過去に別ブログに書き、それを転載した記事もございます

2020年2月11日火曜日

腰痛、肩こり

 腰からお尻にかけて痛い、首から肩にかけてこる、という方の施術例です。


 ちなみに「腰痛」というと、背中の下が痛いという方と、お尻が痛いという方がいます。解剖学では一応、背中の下を「腰部」、お尻を「殿部」といいます。

 また「肩こり」というと、首がこるという方、肩甲骨の上がこるという方、肩甲骨の内側がこるという方がいます。これも解剖学では、肩甲骨の上は「下頚部」または「上部僧帽筋」、肩甲骨の内側は「肩甲間部」などといいます。また、背中の首に近いあたり全般は「上背部」などともいいます。

 一般的に「肩こり」といいますが、「肩こり」でこっている部分は解剖学的には「肩」ではありません。「肩」は腕の付け根の関節なのです。

 どうでもよい話なのですが(苦笑)、読み物として少し面白くなるかと思って書いてみました。


 さて施術例ですが、今の解剖学的定義ではこの方は、「腰から殿部にかけて痛い」「首から上部僧帽筋にかけてこる」と表現できる状況でした。

 初回は約60分コースで、首から腰まで背骨全体と、肩甲骨、肩関節、骨盤(お尻)、股関節を中心に施術させていただきました。

 約2週間後、腰痛も肩こりも軽くなったと、また来ていただきました。そして2回目も同じ施術をしました。

 その後、だいたい2週間に1度ぐらいの頻度で来ていただき、段々と軽くなっていったようです。

 そして初回から約3か月後、8回目にいらっしゃった時には、「毎日、わりと楽に過ごせるようになった」とおっしゃっていました。


 腰痛と肩こりがともにある方というのはよくいらっしゃるのですが、それゆえにあまり書いたことがないかもしれないと思い、比較的順調に良くなった人の例を書いてみた次第です。

2020年1月14日火曜日

腰の痛みと足のしびれ

 きっかけは特に思い当たらないけれど、2・3日前から腰の片側が痛く、そちら側の足全体にしびれがある、といらっしゃった方の施術例です。

 ちなみに詳しくおうかがいすると、1か月ぐらい前にも同様のことがあり、その時は自然に治ったそうです。


 初回は約30分コースをご希望で、主に腰と骨盤、股関節の施術をさせていただきました。ある程度施術部位をしぼり、そこに多くの時間をつかいました。

 翌日、2回目の施術に来ていただきました。

 そして、だいぶ良くなったとのことでした。

 2回目は約60分コースをご希望で、より広範囲に、腰から首まで背骨全体、足全体、肩周辺の施術をさせていただきました。

 そしてそれ以来お見えにならなかったのですが、約2か月後に、「重い物を持ったらまた腰が痛くなった」と再びいらっしゃいました。

 聞くと、最初の2回の施術の後、調子は良かったそうです。


 腰から足にかけて神経が通っているのですが、その経路のどこかに問題が生じると、しびれや神経痛などの症状が足にあらわれる場合があります。

 そしてオステオパシーでは、その経路に当たる部分の筋肉や関節をやわらげたり、他の部分をやわらげてその部分の負担を減らしたりして、そこが最大限うまく機能するように施術をします。

 そしてこの方も、その結果として、腰の痛みと足のしびれがともに良くなったのでしょう。

 ちなみに、きっかけが特になかったということなので、筋肉や関節、神経の働きなどが段々と悪くなってきていて、症状があらわれたのではないでしょうか。また、1か月前にも同じようなことが起き、自然に治ったのではないでしょうか。


 なお、しびれや神経痛などの神経の症状は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などが原因になっている場合も、そうでない場合もあるようです。

 その有無をこちらで診断することはできないので、病院に行って画像撮影をしてもらうのも良いと思います。

 ただし、その有無に関わらず、オステオパシーの施術は可能です。

 そもそもかたい部分をやわらげているだけで害はありませんし、痛い部分には触れない、ごく弱い力を用いた技術を使う、などの選択肢もあり、皆様それぞれの状態に合わせた施術をしていますので、安心してご来室ください。

2019年12月3日火曜日

膝の痛み―杖なしでも歩けるようになった

 1か月ぐらい前から片方の膝が痛い、といらっしゃった方の施術例です。わりと高齢の方で、杖をついていらっしゃいました。

 また、体全体に疲れを感じているともおっしゃっていました。


 初回は約30分コースをご希望で、右膝を最優先にして時間を使いながら、腰から首まで背骨全体と、肩甲骨周辺、そして両足全体を短い時間内で施術させていただきました。

 翌日またご来室され、昨日よりも膝の痛みが軽くなっている、とのことでした。そして今度は約60コースをご希望で、前日と同じ範囲内で、かつ1か所あたりを細かく施術させていただきました。

 以後、もう1度翌日にいらっしゃり、その後は週に3回、週に2回、週に1回と間隔を開けながら施術を繰り返しました。

 そして、初回から約40日経過し、11回目にいらっしゃった時にはだいぶよくなっていて、杖なしでも歩けるようになったそうです。また、体全体も軽くなってきたとおっしゃっていました。

 確かに僕の感覚でも、状態はどんどん良くなっていたと思います。

 膝を含めて体全体の関節や筋肉などがやわらぎ、痛みや疲れがやわらいだのでしょう。


 杖をついて来た方が、杖なしでも歩けるようになる、ということは現実に起こります。

 もちろん、すべての方がそうなるわけではありません。この方の場合、痛みが慢性化しているわけではありませんでしたし、頻繁に来ていただきましたし、良い条件が重なったのだと思います。

 しかしこういうことは起きますし、そうでなくても何らかのプラスの効果は期待できますので、膝が痛い方は一度、オステオパシーを試してみてはいかがでしょうか。

2019年11月6日水曜日

自律神経失調症

「自律神経失調症」と呼ばれる症状があります。

 その前に、用語の説明をしておきましょう。

 まずここでいう「神経」ですが、人体には、電気信号を伝えるコードのようなものが張り巡らされています。それが神経と呼ばれています。

 そして脳も神経の塊で、「腕を曲げろ」という命令を脳から神経に伝えたり、「何かに触った」という感覚を指から脳に伝えたりするのが、すべて神経の働きとなります。

 そんな神経の中に、自律神経と呼ばれる部分があります。

 これは、本人の意志とは関係なく自律的に働く神経なので、そう呼ばれています。

 心臓の鼓動が早くなったり、血管を収縮して血圧を高めたり、眠くなったり、胃腸の血流を良くして消化・吸収を促進したりするのが、自律神経の働きです。

 ちなみに自律神経には、交感神経と副交感神経があります。前者は緊張・戦闘時に強く働く自律神経で、後者はリラックス・休息時に強く働く自律神経です。そしてこの2つの自律神経が状況に応じて適切に働くことで、人は安定した生活を送っているのです。


 さて、ここからが自律神経失調症についての説明となります。

 自律神経失調症とは要するに、この自律神経がうまく働かなくなってしまう状態のことをいいます。

 そして、何もしてないのに心臓の鼓動が激しくなるとか、胃腸の具合がよくないとか、体がほてるとか、疲れやすいといった症状が現れます。また、肩こりや腰痛などとして症状が現れる場合もあります。

 それらの症状は、例えば心臓の病気、胃腸の病気など、個別の病気の結果として現れることもあります。

 しかし、そういった明確な原因がなく、自律神経の働きの悪化によって症状が出ているものあわせて、自律神経失調症と呼んでいるわけです。


 さて、このような自律神経失調症の方にも、オステオパシーの施術はメリットがあると僕は思っています。

 オステオパシーでは体の様々な部分をやわらげ、そのゆがみを整えるのですが、その結果として血液の流れや神経の働きにも良い影響を及ぼすからです。

 そして実際、自律神経失調症やそれに近い状態の方が、定期的、不定期的にいらっしゃることは珍しくありません。

 自律神経失調症は、生活習慣の乱れや心理的ストレスの蓄積から起きるといわれていますが、オステオパシーは逆に、それを癒し、回復させる効果があるのではないでしょうか。

 ちなみに、リラックスして、施術中に寝てしまう方も多いです。

2019年10月8日火曜日

首の痛み、その原因は…

 くしゃみなどの時に首が痛い、といらっしゃった方の施術例です。また、その際に「カクッ」と引っかかるような感覚もある、とおっしゃっていました。

 初回は約60分コースで、腰から首まで背骨全体、肩周辺、股関節周辺と、体の中心部分を全体的にさせていただきました。

 約1週間後に再びいらっしゃった時にお話を聞くと、「少し楽になった」とおっしゃっていました。

 その2回目も約60分コースで、同じ部位への施術をしました。

 そして約2週間後にいらっしゃった時には、「しばらく調子が良かったが、ここ数日また調子が悪くなってきた」とおっしゃっていました。

 また同じ施術をしましたが、その分また楽になったと思います。


 実は…、この方は首よりも、背中の上部の方が、かたく、ゆがんでいたと僕は思いました。

 そしてこういう方は珍しくなく、首に痛みや不具合を訴えていても、実はその下の部分である背中の上部の方が悪い、と感じられるケースは経験上よくあるのです。

 もちろん首自体にも問題があるのですが、比較すると、その下の部分の問題の方が目立つ、ということです。


 人体は複雑ですので、「〇〇が原因で、●●という症状が出ている」という単純化はできないと思います。

 しかし、体はつながっていますので、自覚のないところにも悪いところがあって、それが他の部分に影響していることはよくあると思うのです。

 そういうことを感じた施術例でした。