*個人が特定できないよう加工した情報ですが、「これは自分かもしれない、公開はやめてほしい」という方がいらっしゃいましたら、こちらまでご連絡ください。すぐに対応させていただきます

*過去に別ブログに書き、それを転載した記事もございます

2022年12月4日日曜日

腕を挙げると痛い(肩の痛み)

 片側の腕を挙げると痛い、といらっしゃった方の施術例です。いわゆる「肩が痛い」という状況です。


 約30分コースをご希望で、とにかく肩関節周辺に時間を使いました。

 肩は「臼」に「球」が入り込んだような構造をしており、人体の中でも特に自由度が高い関節で、いろいろな方向に動きます。

 オステオパシーとしてできることは、それをとにかく、やわらげること。それも、いろいろな方向へ、です。

 実際、肩が痛いといらっしゃる方は、あちらの方向へ動かすとあまり痛くない、こちらの方向へ動かすと痛い、というふうに、動きによって痛み方や可動範囲が異なっているものです。

 この方に対しても、時間をかけて肩関節周辺をいろいろな方向へ動かしてやわらげました。

 また、肩に影響を及ぼしそうな部分、例えば首や腕などにも、時間が許す範囲で施術をさせていただきました。


 結果として、週に1回ぐらいのペースで6回ほど施術を続けたところ、痛みはだいぶやわらいだようです。

 そして他に気になる部分があったので、肩にさいていた時間を減らし、そちらに回すことにしました。


 ちなみにこの方がいらっしゃった時期に、同じく肩が痛いといらっしゃる方が多かった気がします(別に数えたわけではない)…。偶然だと思いますが。

2022年11月15日火曜日

片側のあごから首にかけて痛い

 片側のあごから首にかけて痛い、といらっしゃった方の施術例です。

 個人的に、顎関節の問題というのは、全身の影響を受けていると思っています。

 人間は頭部の水平を保とうとしますので、体にゆがみがある場合、あごをゆがめてそれを補正することがあるでしょう。また、そもそも歯というのも微小な範囲で動き続けているものらしいので(だから矯正が可能)、そんな歯の移動に合わせてかみ合わせが変化することもあるでしょう。

 そしてオステオパシー手技の範囲内で考えると、あごの関節を直接やわらげて整えたり、全身のバランスをよくしたりして、あごに良い影響を与えようとします。

 ということでこの方ですが、約90分コースを選んでいただきましたので、あごはもちろん、頭や顔、首といった影響の大きそうな周辺部分だけでなく、背骨全体、手足全体と、全身的な施術ができました。それぞれの硬い部分をやわらげ、ゆがみを整えていきます。

 次回の予約をお取りしてお帰りになったのですが、後日、「だいぶ良くなったから、キャンセルさせてください」とご連絡がありました。

 こういう場合、本当にそうなのか、メリットがないと判断したけど断り文句としてそうおっしゃったのか、判断に迷うところなのですが…。

 ただ、数年前にもこの方はいらっしゃっていて、その時は反対側のあごが痛いとおっしゃっていたのです。そしてその時は1回限りの施術ではなく、次の回で軽くなったとおっしゃっていました。

 1回でずいぶん変わる症状というのもありますので、そうであったと思いたいところです。

2022年10月16日日曜日

特につらいところがない人の施術

 今回は特定の方ではなく、一般的な施術例です。

 どこかつらいところがあっていらっしゃった方が、そこが良くなって気にならなくなったけど、それでも施術にいらっしゃる場合もあります。「特につらいところはない」という状態です。

 しかしオステオパシー的視点で拝見すると、そういう方でも必ず、相対的に悪いところがどこかにあるものです。

 ですからそうでない人と同じように、ゆがんでいるところ、硬いところを見つけて施術をします。

 そうすると、もともとつらいところがなかったにも関わらず、体は楽になるようです。体がやわらかくなり、バランスが良くなり、血液の流れや神経の働きにも良い影響があるだろうからです。終わった後に、「そういえば、○○がちょっと気になってたんだけど、軽くなった」と思い出したようにおっしゃる方もいます。

 またおそらく、「自覚されていない悪いところ」が「より悪くなる」と何らかの症状として現れるでしょうから、施術することがその予防にもなると思います。

 これらのことを考えると、特につらいところがない人でも、オステオパシーの施術をすることには十分なメリットがあるのではないでしょうか。


 個人的には、こういう方ばかりを施術できたら最高だと思っています。特につらいところがないけど、予防やメンテナンスのために来ていただくのです。

 もちろん、現実的にそれは無理だとわかっています。「つらいところがなければオステオパシーなんか行かない」という方も多いでしょうし。単なる願望です。

 でも、つらいところがある方も、ない方も、いつでもご連絡ください。

2022年9月12日月曜日

お尻の痛みと肩こりと「巻き肩」

  片側のお尻の上の方に痛みがある、といらっしゃった方の施術例です。他に、片側の肩こりと、「巻き肩(両肩が通常の位置より内側に丸まってしまう状態)」が気になる、ともおっしゃっていました。

 お尻の痛みに関しては、今回はそうではないけど、急に強い痛みが出てそれがしばらく続く、ということも過去にあったようです。もともと、あまり良くない部分なのでしょう。


 初回、約60分コース。お尻や、そこに影響の大きいであろう腰、それから肩周辺にもっとも時間を割きながら、体の中心部全体と、下半身は膝までを施術させていただきました。

 お尻自体(お尻の筋肉や、骨盤の関節、股関節の関節)もそうなのですが、腰の骨がけっこうゆがんで固くなっていて、それがお尻にも悪影響を与えているのではないかと思えました。

 1週間経たずに2回目。これ以後も約60分コースで、だいたい同じ部位への施術を続けました。いらっしゃった時にうかがうと、お尻の痛みが多少楽になったようで、特に朝は何ともないとおっしゃっていました。逆に、時間が経つと痛みが出てくるとのことです。

 約1週間後に3回目。お尻の痛みは2回目と変わらないけど、肩こりが軽くなってきている、とのことでした。

 約1週間後に4回目。お尻の痛みも肩こりも、ずいぶんと楽になってきているとのことでした。この時期ぐらいから、巻き肩も変わってきているように思えました。体はつながっていますので、お尻も腰も背中も肩も、連動して良い状態になっていき、姿勢が変わってきたのでしょう。

 約2週間後に5回目。それまでより間隔が空きましたが、お尻の痛みはさらに軽くなり、ほぼ痛くないとのことでした。

 約3週間後に6回目。さらに間隔が空きましたが、その間、お尻に痛みはまるでなかったようです。ただ、お尻の痛みは消えてしまったようですが、間隔が空いたせいか、肩こりは少し強くなったようです。


 比較的順調にお尻の痛みが軽くなっていった人の例でした。ただ肩こりは、施術の間隔が空くと強まる傾向もあるようです。そのあたりは、個人差、生活習慣などに左右されるのではないかと思います。

2022年8月9日火曜日

腰の痛みと丸さ、肩の痛み

 腰が痛い、片方の肩が痛い、といらっしゃった方の施術例です。

 腰は年々痛みが強まっている、とのことでした。肩は内部に石灰が沈着していて、病院で何回か注射をしたとのことでした。加えて、足首周辺にむくみがあってそれも気になるとおっしゃっていました。


 時間は約60分コースで、うかがったお話から、1に腰、2に肩、3に足全体、と優先順位をつけて、わりと広範囲の施術をしました。腰を最優先で、足全体、そして痛い方の肩を含めて上半身も、といった範囲です。肩が痛い側は腕全体も施術しました。体はつながっていて影響を及ぼし合うので、広範囲に施術したのです。

 施術中にも「すごく気持ちよくて痛みが軽くなってくるのがわかる」とおっしゃっており、終わった後は、「腰が全然痛くない」と真っすぐ立っておられました。丸くなって固くなっていた腰がやわらぎ、痛みが減り、伸びたのでしょう。

 施術後の反応から、自然治癒力の高い方だな、とも思えました。


 その後、約2週間に1度のペースで、2回ほどいらっしゃいました。施術後はだいぶよくなったけど、また痛くなってきたから、とのことでした。時間は同じく約60分コースです。 

 それから半年以上していらっしゃった時に、また腰が痛いとおっしゃっていましたが、もう肩の痛みはないとのことでした。

 施術後の反応は、同じく良かったです。

 同じ施術をしても(と僕には思える)、その反応は人それぞれだと改めて実感した方の施術例でした。