*個人が特定できないよう加工した情報ですが、「これは自分かもしれない、公開はやめてほしい」という方がいらっしゃいましたら、こちらまでご連絡ください。すぐに対応させていただきます

*過去に別ブログに書き、それを転載した記事もございます

2018年7月3日火曜日

腰痛、肩こり、体のゆがみ、体のメンテナンス

 腰からお尻にかけての痛み、肩こり、でいらっしゃった方の施術例です。

 ただし、さほど症状が強くなく、体のメンテナンスを考えていらっしゃった方でした。

 しかし、おまけとして体のゆがみがけっこう改善されたので、それも含めてご紹介します。

 とはいっても毎度のことながら、特別な施術をしたわけではないのですが…(苦笑)。


 初回。約60分コースを選んでいただき、首から腰までの背骨全体、肩周辺、足全体をさせていただきました。

 そして、時によって施術部位を多少変えつつ、約2週間に1回のペースで、その後定期的に来ていただきました。

 そして、冒頭の症状は決して強まらず、全体にある程度良い状態を保ちながら、体のゆがみも改善していきました


 パッと見て、明らかに体がゆがんでいる方がいます。この方もそうでした。

 体のゆがみというのは、いろいろな部位で起こりますし、探せば誰にでもあります。また、実は毎日良くなったり悪くなったりと、変化しているものでもあります。

 ただし、それが悪い状態で安定していたり、全体として大きくゆがんでいると、いろいろな問題が生じやすくなるのです。

 ちなみに、よく「骨がずれていて」「ボキッと矯正してそれが治る」みたいに言う場合があるのですが、ちょっと違うのですね、それは。

 そのイメージですと、脱臼しているところを整復しているように思えるのですが、いわゆるよくある「体のゆがみ」は、そういうことではないのです。

 また、「ボキッ」という技術だけでなく、いろいろな技術でそれに対応できるのがオステオパシーなのです。

 この方に対しても、「ゆがみ直し用」の特別な施術をしたわけではありません。

 問題のある箇所を細かく見つけ、やわらげていくことで、バランスがよくなり、ゆがみも改善してくるのです。

 そしてそれに伴い、体の他の部分にも良い影響がある、ということです。

2018年6月5日火曜日

どんな姿勢でも施術できます!

 今回の施術例ブログは、個別事例ではなく一般的な話をさせていただきます。


 痛くてあお向けになれない、妊娠中でうつ伏せになれない、など、ある姿勢を保つことが困難なお客さんというのも、珍しくはありません。

 しかし、ご安心ください。

 オステオパシーには、いろいろなテクニックがあります。

 横向きでやる方法や、座ったままでやる方法もあります。

 立ったままは…、やったことはありませんが、できるでしょう。ただ、立ってできるなら座ってもできるでしょうし、そして、もしそうであれば、座っていたほうが皆さんリラックスできて効果も高まるでしょう。だから立ったままをしたことがないのだと思います。

 ちょっと話がそれたかもしれませんが、とにかく、オステオパシーにはいろいろなテクニックがありますので、あらゆる姿勢での施術が可能なのです。

 また、例えばあお向けになれない人、うつ伏せになれない人も、マットやクッションを適切に敷くことで、無理なくその姿勢での施術ができる場合もあります。

 それから、途中で痛みなどの不快感がやわらいできて、最初にできなかった姿勢ができるようになる方もいらっしゃいます。


 ですから、「あお向けになれないから」「うつ伏せになれないから」といった理由で施術を受けるのをためらっている方は、ぜひ一度ご相談ください。

 ちゃんと対策をご用意してお待ちしています。

2018年5月8日火曜日

膝の痛みの再発

 数年前に膝の痛みが現れ、最近は治まっていたという方の施術例です。

 最初、膝には特に痛みがない状態で、別件でいらっしゃいました。

 いつも約60分コースで、2週間に1回程度の間隔で3回ほど施術をさせていただき、全体にある程度調子がよい状態を保てていたのですが、4回目にいらっしゃった時に、少しだけ膝が痛むようだとおっしゃっていました。

 そこで、それまでとは施術方法を変え、膝に多く時間を割くことにしました。

 60分ですので、ある程度広範囲に施術できるのですが、膝にもっとも時間を割き、あとは足全体、背骨全体、肩周辺をさせていただきました。

 約1週間後にいらっしゃった時には、特に膝は問題なかったようです。

 念のため、もう一度同じ方法で施術をさせていただきました。


 体の状態は毎日変化をしています。

 お話をうかがうと、膝の痛みがまた出てくる直前に、スポーツをしたとおっしゃっていました。

 そういったことも原因になったのかもしれません。

 そして、膝周辺に時間を割いてオステオパシーの施術をしたことが、また良い影響を与えたのだと思います。

 いろいろな技術がありますので、同じ部位でも状況に応じた施術ができるのが、オステオパシーなのです。

2018年4月3日火曜日

お尻の痛み、股関節の音が鳴る

 片側のお尻(股関節の裏側)に痛みがあり、そちらの股関節を動かすと音が鳴る、といらっしゃった方の施術例です。

 基本的に、お尻の筋肉は股関節を動かす筋肉の集まりです。

 大きな面積を持つ部分ですから、大きな力を必要とする部分なのでしょう。

 人間の歩行・走行時の「エンジン」といってもいい部分ですね。

 関節の「音」なのですが、なぜ鳴るのか未だによくわかっていないところもあるみたいです。

 しかし僕の観察上、関節の動きに引っかかりがあると鳴るように思います。そして、鳴った後は動きがなめらかになります。


 ということで、この方はやはり股関節の動きが悪いのだろうと思いました。

 約30分コースをご希望で、股関節に影響の大きそうな他の部分も含めて、横隔膜、腰、骨盤、股関節を含めた足全体、を施術させていただきました。


 4日後に2回目の来室。同じような症状が出るが、よくなってる、とおっしゃっていました。

 その時も同じ部位を施術しましたが、ご相談の結果、違うテクニックを用いて施術をしてみました。


 その約10日後にまた来室。

 また同じ部位を施術しました。

 初回と2回目だと、初回に用いたテクニックの方がよかったとおっしゃるので、そちらで施術させていただきました。


 約1ヶ月後にまた来室されたのですが、その間、わりと良い状態が保てていたそうです。

 しかし、またちょっと悪くなってので来た、とのことでした。

2018年3月6日火曜日

顔と首のむくみ、耳鳴り

 施術を受け、メリットを感じていただき、長期間にわたって定期的に来ていただいている方もいらっしゃいます。

 そんな方々のお一人がある時おっしゃったことを、今回はご紹介します。


 その方は、いつも約90分コースで、およそ月に2回のペースで来ていただいていました。

 そしてある時、こうおっしゃったのです。

「施術を受けると、顔のむくみが減りますね。それから、首もそうです。首は以前と比べて、左右のシルエットが均等になってきました。あと、少し耳鳴りがしていたのですが、それもなくなりました」

 顔のむくみに関しては、ご自宅で定期的にしている「あるお手入れ」の際に、ふと気がついたそうです。施術を受けた後は、状態が違うそうなのです。

 確かに、オステオパシーの施術によって、静脈血やリンパ液の流れもよくなるでしょうから、そのようなことはあると思います。

 また首に関しては、むくみが減ってスッキリするとともに、筋肉の緊張度のバランス、首の骨の位置のバランスが変化するため、左右のシルエットが整うこともあるでしょう。

 耳鳴りは、耳の機能に何らかの改善が見られたのだと思います。

 オステオパシーには頭におこなう技術があるのですが、この方の場合は優先順位の関係で、それははおこなっていませんでした。

 しかし、耳鳴りにも変化があったのですね。


 このようにオステオパシーには、僕自身が特に意識もしていなかった部分に対して、良い影響が現れる場合もあるものです。