*個人が特定できないよう加工した情報ですが、「これは自分かもしれない、公開はやめてほしい」という方がいらっしゃいましたら、こちらまでご連絡ください。すぐに対応させていただきます

*過去に別ブログに書き、それを転載した記事もございます

2015年8月17日月曜日

骨盤矯正

 今回は、特定の方の施術例ではなく、一般的なお話です。

 よく「骨盤矯正」という言葉を耳にします。

「骨盤がゆがんでいると○○」などというメッセージとともに語られることが多い言葉です。

 しかしながら、実は骨盤を特別視することに、特に意味はありません。

 ゆがんでいるかゆがんでいないかでいうと、ほとんどの人の骨盤はゆがんでいます。

 そして、それは骨盤だけではありません。

 全身がそうです。

 体は毎日変化しているもので、いろいろなところがゆがんだり戻ったりしているのが、自然な状態なのです。

 問題なのは、それがどの程度ゆがんでいるか、いかに安定してしまっているか、ということになります。

 また、骨盤はもちろん重要な部位ではあるのですが、他にも重要な部位はたくさんありますし、そもそも、どこに施術をするのが重要かは、その人それぞれによって違うものです。

 たとえば手の指が痛い人に対しては、もちろん骨盤を施術するのもいいとは思うのですが、大体は手の指の方が施術の重要性は高いはずです。

 そして「骨盤がゆがむと○○」というフレーズですが、これは「骨盤」を「背骨」に入れ替えても、「股関節」に入れ替えても、他のどの部位と入れ替えても通じるフレーズであり、骨盤を特別視することに、あまり意味はないのです。


 このような考えにもとづいて、当施術室では多くの人に骨盤矯正をおこなっています。

 症状やご要望の有無に関わらず、普通に、当たり前のように、全身のことを考えながら、その一部としての骨盤の施術をしています。

 もちろん、骨盤のゆがみを直したいという方や、骨盤周辺に何かの症状がある方にも、普通に施術をいたします。

 その際は、どうぞご連絡ください。