*個人が特定できないよう加工した情報ですが、「これは自分かもしれない、公開はやめてほしい」という方がいらっしゃいましたら、こちらまでご連絡ください。すぐに対応させていただきます

*過去に別ブログに書き、それを転載した記事もございます

2015年8月8日土曜日

左肩周辺の痛み

 今回ご紹介するのは、左肩周辺の痛みを訴えていらっしゃった方の施術例です。

 3日ぐらい前から、左肩の関節付近から肩甲骨にかけて何もしなくても痛く、首を動かすと痛みが増すような状態になってしまったそうです。

 肩を動かすことによる痛みはないそうなので、おそらく、首から肩にかけて延びている神経の働きに問題が出たのだと、僕は思いました。

 初回は60分の時間をいただいたので、首から腰まで背骨全体を、そして肩を含めた左腕全体を施術しました。

 その後よかったそうですが、3日ぐらいするとまた同じ症状が出てきたそうで、初回から5日後に2回目の来室をされました。

 その時は30分の時間をいただきました。首にもっとも時間を割き、次いで背中、左肩と施術をしました。優先順位としては、神経の出入り口である首を最優先すべきだと判断したのです。

 その4日後に3回目の来室。だいぶ良くなっているそうですが、痛みよりはむしろ、左肩周辺にうまく力が入らないような状況だそうです。

 痛いのと力が入らないのと、どうしてそういう差が生まれるのかは正直よくわかりませんが、同じく神経の働きに問題があるのだと考え、初回と同じく背骨全体と左腕全体の施術をしました。

 それで症状は消えてしまったそうです。

 3ヶ月以上経ってまったく別の件で来室された時に、あれから左肩は何にも痛くありません、とおっしゃっていました。

 若い頃から肩こりがあるとおっしゃっていた方なので、もともと首や肩周辺が硬かったのだと思います。

 それが何らかの条件が重なって一時的に悪化し、今回のような症状が現れたのでしょう。